プロローグ(2)

  さて、僕が駐在しております大連経済技術開発区について、簡単に紹介しておきたいと思います。
  まあ、ウィキペディアで「大連」とか「大連経済技術開発区」を調べますと、結構詳しい情報が書いてありますので、僕の肌で感じた感覚といいますか、感想を述べたいと思います。

  大連市は中国東北部の遼寧という省に在りまして、省都の瀋陽に次ぐ第二の都市です。

画像

【赤丸の部分が大連市】

画像

【赤丸の部分が大連経済技術開発区】

  気候的には夏は短くて涼しく、冬は長くて禿げしく寒いところです。
  一年を通して雨、雪はとても少なく、とくに冬は非常に乾燥しております。
  ただ近年、地球温暖化の影響でしょうか、はたまた環境破壊の影響でしょうか、ひと昔に比べ雨の日が多いようです。 2010年の夏は例年になく湿度が高く、日本の様な蒸し蒸しした天気が続きました。

  町並みは、メインストリートに面した部分に限れば、非常に近代化された面持ちで、大通りを挟んで両側に立ち並ぶ高層ホテル・マンション・商業ビル群は非常に壮観で、遠目から観ると清々しく清潔感さえ感じられます。(あくまで、遠目から観るとです・・・)

 お店に関しては、古くから日系企業が多く進出している事もありまして、飲食に関しては、日本式の料理店、居酒屋、スナック、クラブ等が多数存在します。大型デパートもマイカルをはじめてとして何件か在りまして、買い物にも事欠きません。ただし、品ぞろえはやはり大連市内には及ばないようです。

   とまあ、簡単な紹介ですが、今後も街の様子については時々述べたいと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック